Shortcuts: WD:INTRO, WD:I

ウィキデータ:はじめに

From Wikidata
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Wikidata:Introduction and the translation is 100% complete.

Other languages:
العربية • ‎asturianu • ‎беларуская • ‎беларуская (тарашкевіца)‎ • ‎български • ‎বাংলা • ‎bosanski • ‎català • ‎کوردی • ‎čeština • ‎Cymraeg • ‎dansk • ‎Deutsch • ‎Zazaki • ‎dolnoserbski • ‎Ελληνικά • ‎English • ‎Canadian English • ‎British English • ‎Esperanto • ‎español • ‎eesti • ‎euskara • ‎فارسی • ‎suomi • ‎føroyskt • ‎français • ‎Frysk • ‎galego • ‎ગુજરાતી • ‎עברית • ‎हिन्दी • ‎hornjoserbsce • ‎magyar • ‎Հայերեն • ‎interlingua • ‎Bahasa Indonesia • ‎Ilokano • ‎íslenska • ‎italiano • ‎日本語 • ‎ქართული • ‎қазақша • ‎ಕನ್ನಡ • ‎한국어 • ‎Ripoarisch • ‎Lëtzebuergesch • ‎lietuvių • ‎latviešu • ‎Malagasy • ‎Baso Minangkabau • ‎македонски • ‎മലയാളം • ‎मराठी • ‎Bahasa Melayu • ‎norsk bokmål • ‎नेपाली • ‎Nederlands • ‎Sesotho sa Leboa • ‎occitan • ‎ଓଡ଼ିଆ • ‎ਪੰਜਾਬੀ • ‎polski • ‎پښتو • ‎português • ‎português do Brasil • ‎română • ‎русский • ‎саха тыла • ‎سنڌي • ‎srpskohrvatski / српскохрватски • ‎Tašlḥiyt • ‎සිංහල • ‎slovenčina • ‎shqip • ‎српски / srpski • ‎српски (ћирилица)‎ • ‎svenska • ‎Kiswahili • ‎ślůnski • ‎தமிழ் • ‎తెలుగు • ‎тоҷикӣ • ‎ไทย • ‎Tagalog • ‎Setswana • ‎Türkçe • ‎українська • ‎Tiếng Việt • ‎ייִדיש • ‎中文

ウィキデータは、自由・共同作業・多言語・二次情報を特徴とする、構造化データのデータベースです。収集された構造化データは、ウィキペディア、ウィキメディア・コモンズや、その他のウィキメディア運動のウィキで活用されているほか、世界中の誰でも利用できます。

解説

もう少し詳しく見てみましょう。

  • 自由 ウィキデータ上のデータはクリエイティブ・コモンズのパブリック・ドメイン提供 1.0(CC0 1.0)で公開されており、さまざまな用途に再利用することができます。データは商用、非商用を問わず、許諾をとることなく複製、改変、再配布、実行や実演に利用可能です。
  • 共同作業 データはウィキデータの編集者によって入力、管理されています。コンテンツ作成、管理のルールも編集者によって決められています。自動化されたボットもウィキデータに投稿しています。
  • 多言語 コンテンツの編集、利用、閲覧、再利用は多言語に完全に対応します。どの言語で入力されたデータも、他のすべての言語で即座に利用できるようになります。つまり、あらゆる言語での編集が可能であり奨励されています。
  • 二次情報 ウィキデータは情報そのものを記録するだけではなく、その情報源や外部データベースとの対応関係も記録しています。これにより、様々な知識の反映が可能となり、検証可能性の担保とすることができます。
  • 構造化データ ウィキデータは高度に構造化された構成になっています。これにより、ウィキメディアプロジェクト群や第三者が容易に再利用できるようになり、コンピュータによる処理が容易になったり、コンピューターが「理解」できるようになります。
  • ウィキメディアのウィキ群で活用 ウィキペディアの基礎情報ボックスや言語間リンクを維持管理しやすくすることで、作業負担を減らしつつ記事の品質を向上します。ある言語での更新が、他のすべての言語でも利用可能となります。
  • 世界中の誰でも 誰でも、どのような方法でも、APIを通してウィキデータを利用できます。

仕組み

ウィキデータ項目の図。ウィキデータで使用される最も重要な用語を示す。

ウィキデータは、Wikimedia Foundationにより管理されているwikisをはじめとした外部からアクセス可能な集中型のリポジトリです。ウィキデータから動的に読み込まれたコンテンツはそれぞれのwikiプロジェクトで個別に保守される必要がなくなります。例えば統計・日付・座標やその他の共通データはウィキデータにより集中管理することができます。

ウィキデータ・リポジトリ

項目とそのデータが接続されています。

ウィキデータ・リポジトリは主に項目(items)からなり、それぞれにラベル(label)、説明(description)と任意の数の別名(aliases)があります。それぞれの項目はDouglas Adams (Q42)のように数字を伴ったQにより一意に識別されます。

(statements)はプロパティ(property)と値(value)から成り、項目の詳細な特徴を説明します。ウィキデータのプロパティはeducated at (P69)のように数字を伴ったPを持ちます。

例えば人物についてであれば、学校の値を特定することで出身校についてのプロパティを与えることができます。建造物についてであれば、緯度と経度の値を特定することで地理的座標のプロパティを指定することができます。プロパティは外部のデータベースにリンクすることもできます。図書館やアーカイブにおいて用いられる典拠管理データベースのなどの外部データベースに対するリンクであるプロパティはidentifierと呼ばれます。特別なサイトリンクはウィキペディアやウィキブックス、ウィキクォートといったプロジェクトにある関連項目に対して項目を関連付けます。

すべての情報はどの言語においても表示されます。たとえ元のデータが異なる言語であってでもです。これらの値にアクセスする際は、クライアントのウィキは最も新しいデータを表示します。

Item Property Value
Q42 P69 Q691283
Douglas Adams educated at St John's College

ウィキデータを使ってみる

ウィキデータにアクセスする方法は、ビルトインツールや外部ツール、プログラミングインターフェイスなどいくつか存在します。

さあ、始めよう

ウィキデータ・ツアーに行ってウィキデータについて学んでみる。

次のリンクから開始してみましょう。

どのようにして貢献できますか

まずは 編集を始めてみてください。編集はウィキデータの構造や概念を学習するのに最善の方法です。もし、 ウィキデータの概念について体系的に理解したいのであれば、ヘルプページを見てください。質問は井戸端または開発チームに連絡(英語)までお気軽に投稿してください。

今後の展望

ウィキデータはまだ発展途上のプロジェクトであり、現在も活発な開発を行っています。より多くのデータ型クエリについて対応予定となっています。ウィキデータと、関連する進行中の開発についてはMeta Wikiのウィキデータのページにまとめられています。ウィキデータのメーリングリストに参加し、開発状況の最新の情報に目を通し、プロジェクトの未来のために議論に参加していただけるよう御願いいたします。