Shortcuts: WD:INTRO, WD:I

ウィキデータ:はじめに

From Wikidata
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Wikidata:Introduction and the translation is 33% complete.

Outdated translations are marked like this.
Other languages:
العربية • ‎asturianu • ‎беларуская • ‎беларуская (тарашкевіца)‎ • ‎български • ‎বাংলা • ‎bosanski • ‎català • ‎کوردیی ناوەندی • ‎čeština • ‎Cymraeg • ‎dansk • ‎Deutsch • ‎Zazaki • ‎dolnoserbski • ‎Ελληνικά • ‎English • ‎Canadian English • ‎British English • ‎Esperanto • ‎español • ‎eesti • ‎euskara • ‎فارسی • ‎suomi • ‎føroyskt • ‎français • ‎Frysk • ‎galego • ‎ગુજરાતી • ‎עברית • ‎हिन्दी • ‎hornjoserbsce • ‎magyar • ‎Հայերեն • ‎interlingua • ‎Bahasa Indonesia • ‎Ilokano • ‎íslenska • ‎italiano • ‎日本語 • ‎ქართული • ‎қазақша • ‎ಕನ್ನಡ • ‎한국어 • ‎Ripoarisch • ‎Lëtzebuergesch • ‎lietuvių • ‎latviešu • ‎Malagasy • ‎Baso Minangkabau • ‎македонски • ‎മലയാളം • ‎मराठी • ‎Bahasa Melayu • ‎norsk bokmål • ‎नेपाली • ‎Nederlands • ‎Sesotho sa Leboa • ‎occitan • ‎ଓଡ଼ିଆ • ‎ਪੰਜਾਬੀ • ‎polski • ‎پښتو • ‎português • ‎português do Brasil • ‎română • ‎русский • ‎саха тыла • ‎سنڌي • ‎srpskohrvatski / српскохрватски • ‎Tašlḥiyt • ‎සිංහල • ‎slovenčina • ‎shqip • ‎српски / srpski • ‎српски (ћирилица)‎ • ‎svenska • ‎Kiswahili • ‎ślůnski • ‎தமிழ் • ‎తెలుగు • ‎тоҷикӣ • ‎ไทย • ‎Tagalog • ‎Türkçe • ‎українська • ‎Tiếng Việt • ‎ייִדיש • ‎中文

ウィキデータは、[$wmf ウィキメディア財団]によるプロジェクトです。自由な、共同作業による、多言語の二次情報データベースであり、ウィキペディア、ウィキメディア・コモンズなどのウィキメディアのプロジェクトのためだけでなく、より広範囲に支援を提供するために構造化データを収集しています。

解説

もう少し詳しく見てみましょう。

  • 自由 ウィキデータ上のデータはCreative Commons Public Domain Dedication 1.0 (CC0 1.0 = クリエイティブ・コモンズ・パブリック・ドメイン提供 1.0)で公開しており、さまざまな用途に再利用することができます。データは商用、非商用を問わず、許諾をとることなく複製、改変、再配布、実行や実演に利用可能です。
  • 共同作業 ウィキデータに集積しているデータは、ウィキデータ内のルールに基づいてコンテンツの作成、管理を行っているウィキデータの編集者によって投稿、整備されています。また、ボットもウィキデータに投稿しています。
  • 多言語 コンテンツの編集、利用、閲覧、再利用は多言語に完全に対応します。どの言語で入力されたデータも、他のすべての言語で即座に利用できるようになります。つまり、あらゆる言語での編集が可能であり奨励されています。
  • 二次情報データベース ウィキデータは情報本体(一次情報)の記録だけではなく、その情報源(二次情報)も記録できます。これにより、様々な知識の反映が可能となり、検証可能性の担保とすることができます。
  • 構造化データの収集 メディアファイルを収集するウィキメディア・コモンズや、百科事典的記事を作るウィキペディアと異なり、ウィキデータは構造化したデータを収集します。これにより、ウィキメディアプロジェクト群や第三者が容易に再利用できるようになり、コンピュータによる処理が容易になったり、コンピューターが「理解」できるようになります。
  • ウィキメディアプロジェクト群の支援 ウィキデータは、infobox(基礎情報ボックス)や言語間リンクをより容易にメンテナンスできるようにすることで、ウィキペディアの作業負担を減らして記事の品質向上を補います。ある言語での改善や更新が、他のすべての言語でも利用可能となります。
  • より広範囲への提供 誰もが、どのようなサービスでもウィキデータを使用できます。

仕組み

この図はウィキデータ内での最も重要な用語について示しています。

このWikiはウィキデータのリポジトリです。このリポジトリは、クライアントとなるWiki(群)から接続する中心的な格納場所となります。リポジトリ内のデータをメンテナンスすると、結果は動的に反映され、データを利用しているそれぞれのWikiで個別に更新や翻訳に追従する必要がありません。さらにすべてのウィキペディアの言語間リンクを集中管理しています。

ウィキデータ・リポジトリ

項目とそのデータが接続されています。

ウィキデータ・リポジトリは主に項目(items)からなり、それぞれにラベル(label)、説明(description)と一つ以上の別名(aliases)があります。サイトリンク(Sitelinks)は、項目を全てのクライアントウィキの対応する記事とリンクします。(Statements)には、項目のより細かい内容を記述します。それぞれの文はプロパティ(property)と値(value)で構成します。例えば、山の項目には、峰の名前や所在地、地理座標などの値を与えることができます。人物の項目では生誕地、職業や典拠管理データベースの番号など、政治家ならその所属政党、町の項目なら上位の行政区分、国の項目なら国家元首や国歌など。これらすべての情報は、入力した言語に関わらず、どのような言語でも表示することができます。これらのデータは、クライアントウィキから参照した場合、最新の値を表示します。

Statements describe detailed characteristics of an Item and consist of a property and a value. Properties in Wikidata have a "P" followed by a number, such as with educated at (P69)

For a person, you can add a property to specifying where they were educated, by specifying a value for a school. For buildings, you can assign geographic coordinates properties by specifying longitude and latitude values. Properties can also link to external databases. A property that links an item to an external database, such as an authority control database used by libraries and archives, is called an identifier. Special Sitelinks connect an item to corresponding content on client wikis, such as Wikipedia, Wikibooks or Wikiquote.

All this information can be displayed in any language, even if the data originated in a different language. When accessing these values, client wikis will show the most up-to-date data.

Item Property Value
Q42 P69 Q691283
Douglas Adams educated at St John's College

データへのアクセス

There are a number of ways to access Wikidata using built-in tools, external tools, or programming interfaces.

  • Wikidata Query and Reasonator are some of the popular tools to search for and examine Wikidata items. The tools page has an extensive list of interesting projects to explore.
  • クライアントWikiのページ内からはLuaによるインターフェースを用いてデータにアクセスできます。また、Wikidata APIを使うと全てのデータを別個に取得することもできます。

さあ、始めよう

ウィキデータ・ツアーに行ってみる。

次のリンクから開始してみましょう。

どのようにして貢献できますか

まずは 編集を始めてみてください。編集はウィキデータの構造や概念を学習するのに最善の方法です。もし、 ウィキデータの概念について体系的に理解したいのであれば、ヘルプページを見てください。質問は井戸端または開発チームに連絡(英語)までお気軽に投稿してください。

今後の展望

ウィキデータはまだ発展途上のプロジェクトであり、現在も活発な開発を行っています。より多くのデータ型クエリについて対応予定となっています。ウィキデータと、関連する進行中の開発についてはMeta Wikiのウィキデータのページにまとめられています。ウィキデータのメーリングリストに参加し、開発状況の最新の情報に目を通し、プロジェクトの未来のために議論に参加していただけるよう御願いいたします。