Wikidata:SPARQL query service/Wikidata Query Help/Result Views/ja

From Wikidata
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Wikidata:SPARQL query service/Wikidata Query Help/Result Views and the translation is 89% complete.

Other languages:
العربية • ‎Deutsch • ‎Ελληνικά • ‎English • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎日本語 • ‎русский • ‎українська
表示ボタン

このページはWikidata Query上への結果表示の様々な可能性をあなたが理解する手助けをします。 クエリーサンプルのページには自分で試せる良いサンプルが多数あります!

クエリー実行後に、「表示」ボタンで表示させたい結果ビューを選ぶことができます。あなたのクエリーやデータに応じて、いくつかのビューが利用できます。

表 (デフォルト)[edit]

結果データを表として表示します。これは結果表示のデフォルトのビューで、あらゆるデータ型を表示できます。

SPARQLセレクト句の全ての変数を定型表のカラムにマッピングします。

画像グリッド[edit]

画像グリッド 試す

結果データを画像グリッドとして表示。

全てのグリッド項目には大きな画像がありクリックするとギャラリーを開きます。

項目が定形の行データであるコンテンツ。

変数 データ型 マッピング 説明
* コモンズのメディア グリッド項目 画像カラムはグリッド項目を生成します。

画像のない行は無視されます。

地図[edit]

結果のデータをOpenStreetMapのデータとともに表示します。

変数 データ型 マッピング 説明
* 座標 地図のマーカー カラムは地図上にマーカーを生成します。

マーカーのコンテンツは定形の行データです。

?layer 地図マーカーレイヤー フィルタリングできる色付きの地図レイヤーを生成します。

折れ線、棒、散布、エリアチャート[edit]

これらのチャート種別のひとつを表示します。

変数 データ型 マッピング 説明
* 数値

ラベル

日付時刻

X-軸

Y-軸

ひとつ目はX-軸、2つ目はY-軸
* ラベル カテゴリ/凡例項目(オプション) 上述のようにマッピングされた後に使用
* ラベル ストーリーボード/アニメーション(オプション) 上述のようにマッピングされた後に使用

バブルチャート[edit]

バブルチャート 試す

バブルのサイズと色を構成できる場合にバブル。チャートを表示。

項目が与えられているとバブルはWikidata.orgにリンクされます。

変数 データ型 マッピング
* ラベル バブルのラベル
* 数値 バブルのサイズ
* 項目 バブルのリンク(オプション)
?rgb バブルの色(オプション)

ツリーマップ[edit]

ツリーマップ 試す

ズームできるツリーマップを表示

変数 データ型 マッピング 説明
* ラベル ラベル 行の最初のラベルはツリーマップの最初のレベルになります。

2番目のラベルは2番目のレベルになります。

3番目のラベルは3番目のレベル等々。

* 項目 リンク(オプション)

Tree[edit]

Shows a expandable tree.

Tree Try Out
Variable Data Type Mapping Description
* Item Node ID First item will be a root node the following items in the same row will be nested.
* Label Node Label (optional) Labels will be appended to current node.
* Number Node Label (optional)
* Commons Media Item image

タイムライン[edit]

タイムライン 試す

探索可能なタイムラインを表示します。

変数 データ型 マッピング 説明
* 日付時刻 項目の時点

項目の終了時点

行の最初の日付が項目の位置をタイムラインにセットします。

2番目の日付があれば、開始と終了の日付がセットされます。

* コモンズのメディア 項目の画像

次元[edit]

次元 試す

次元とそのリンクを表示します。

It also allows filtering them by selecting an axis fraction.

変数 データ型 マッピング 説明
* ラベル 次元 結果内の全てのカラムは次元にマッピングされます
* 数値
* 日付時刻

グラフ[edit]

Abraham Lincolnをブラウズするグラフ 試す

階層的な順序付けと項目の探索ができるインタラクティブなグラフを表示します。

変数 データ型 マッピング 説明
* 項目 ノードID 行の最初の項目に同じ行の項目をポイントする矢印があります
* ラベル ノードのラベル(オプション)
* コモンズのメディア ノドの画像(オプション)
?rgb ノドの色(オプション)
* 数値 ノードのサイズ(オプション)
?edgeLabel Label Edge Label (optional)
グラフ 試す

追加情報[edit]

RDF データ型のマッピング[edit]

RDF 型 RDF データ型 制約 データ型
URI 始まりの文字列
http://www.wikidata.org/entity/Q
Entity
URI 始まりの文字列
http://commons.wikimedia.org/wiki/Special:FilePath
コモンズのメディア
Literal http://www.w3.org/2001/XMLSchema#dateTime DateTime
Literal http://www.opengis.net/ont/geosparql#wktLiteral Coordinate
Literal http://www.w3.org/2001/XMLSchema#double

http://www.w3.org/2001/XMLSchema#float

http://www.w3.org/2001/XMLSchema#decimal

http://www.w3.org/2001/XMLSchema#integer

http://www.w3.org/2001/XMLSchema#long

http://www.w3.org/2001/XMLSchema#int

http://www.w3.org/2001/XMLSchema#short

http://www.w3.org/2001/XMLSchema#nonNegativeInteger

http://www.w3.org/2001/XMLSchema#positiveInteger

http://www.w3.org/2001/XMLSchema#unsignedLong

http://www.w3.org/2001/XMLSchema#unsignedInt

http://www.w3.org/2001/XMLSchema#unsignedShort

http://www.w3.org/2001/XMLSchema#nonPositiveInteger

http://www.w3.org/2001/XMLSchema#negativeInteger

Number
Literal RDF データ型がありません Label
Literal プロパティを持っています
xml:lang
Label
Literal 文字列が一致
/^[0-9A-F]{6}$/
Color

フォーマットする[edit]

以下のデータ型には特別な形式があります:

データ型 形式
Entity Wikidata.orgにリンク

ラベルは次のように短縮化されます wd:Qxx

項目を探索(拡大アイコン)

DateTime MM DD, YYYY

ツールチップは生のISOタイムスタンプを表示します

Commons Media Commons.Wikimedia.orgにリンク

ギャラリーを表示(画像アイコン)

モバイル / レスポンシブ[edit]

結果ビューは様々な装置や解像度で動作するように作られています。見た目は利用できるスペースに依存します。

埋め込みモード[edit]

結果ビューは「iframe」を通じてリンクしたり埋め込んだりできます。必要なリンクやコードは「上記メニュー内のリンク」をクリックして取得できます。 差異を見る: クエリーヘのリンク 及び 結果へのリンク あるいは埋め込みコード:

<iframe style="width:80vw; height:50vh;" scrolling="yes" frameborder="0" src="http://tinyurl.com/zwf4k2w">


結果のダウンロード[edit]

結果のダウンロードボタン

クエリーの結果をエクスポートする方法はいくつかあります。

データをダウンロードするオープンな標準の形式にはJSONTSVCSVの3つがあります。

グラフィックなビューにいくつかについてはSVGファイルとしてダウンロードすることもできます:この機能は表、画像グリッド、グラフ・ビルダー、地図及びグラフ以外のビューで有効です。

デフォルトのビュー[edit]

デフォルトのビューはコメントを使うことで各SPARQLクエリから変えられます:

#defaultView:[NAME]

例:

#defaultView:ImageGrid